みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

浴衣をクリーニングに出すと色落ちする?洗い方に気をつけよう!

      2017/06/01

1

浴衣を着る機会は様々です。

  • 花火大会
  • 夏祭り
  • 盆踊り
  • 京都などの観光地
  • ちょっとしたお出かけ

人にもよりますが、やっぱりお祭り系が浴衣を着るタイミングとして多いかと思います。

浴衣を何度か着ていると、時には汚れてしまう事も珍しくありません。

飲み物をこぼした!
タレをつけてしまった!

などなど、うっかり生地を汚してしまう事があります。

そんな時、自宅で洗濯機にかけるのも不安だし、クリーニングに出そうか迷われる事があるのではないでしょうか?

ただ、クリーニングに出すにしても、「色落ち」してしまわないか心配かと思います。

浴衣をクリーニングに出した時、はたして色落ちしてしまうのか、だとしたらどう洗うのが適切なのか、紹介していきます。

スポンサードリンク

浴衣はクリーニングで洗っても大丈夫?

はたして、浴衣はクリーニングに出しても大丈夫なのか、あるいは生地を傷めてしまうのか気になりますよね。

結論から述べれば、クリーニングに出して洗っても問題がないとされています。

一方で自宅での洗濯ですが、こちらには注意して下さい。

自宅の洗濯機で洗うと、浴衣が色落ちしてしまう可能性があり、せっかくのお召し物が台無しになる可能性があります。

正しい洗い方をすれば、自宅でも色落ちさせずに浴衣を洗濯する事が可能ではありますが、

  • 「やり方が分からない」
  • 「借り物の浴衣」
  • 「管理出来る環境が自宅にない」

などの場合、おすすめ出来ません。

特に借り物の浴衣の場合には、浴衣を台無しにして弁償しなければならないケースも十分に考えられます。

着る度にクリーニングに出す?

清潔な状態に保ちたい人は、着る度にクリーニングに出すか迷うかもしれません。

がしかし、浴衣は毎回クリーニングに出す必要はないです

特に夏などのシーズン中に関しましては、祭りやお出かけで着る機会が何度かあるのであれば、それほど汗をかかず、さらに短時間の着用であった場合には陰干しでお手入れする程度でOKでしょう。

ただ、もう当分は着る事がないという場合、クリーニングをしてから保管する方が良いです。

湿気を吸い込んでいたり、汗がついていたりすると、そのまま畳んでしまうとカビが生えたりシミができたりする原因になります。

毎回は洗う必要はありませんが、当分使わない状況になった時はしっかりクリーニングに出しましょう。

スポンサードリンク

浴衣をクリーニングに出す時

浴衣をクリーニングに出す際に注意すべき点は、通常の洋服の時と同じように出す訳ではないという事です。

普段はワイシャツやスーツ等をクリーニングに出す事があるでしょうが、それらは言わば洋服で、浴衣は和服の分類となります。

洋服であればドライクリーニングで油性の汚れを綺麗に落とせますが、和服は同様にはいきません。

和服に染み付く汚れは主に汗、つまり水溶性の汚れとなるため、油性の汚れ向けとなるドライクリーニングはあまり向いていないのです。

もし、行きつけのクリーニング店にお願いする場合には、水洗いをしてくれるかどうか、事前に確認しておく事をおすすめします。

また、クリーニング店には衣類のトラブルは稀ながらあるものです

浴衣のように高価な衣類に関してはより注意すべきなので、安心してお願いするのであれば、和装を専門としたり、力を入れていたりするようなクリーニング店を利用する方が良いでしょう

色落ちをしないようにはもちろん、浴衣が痛まず、綺麗に汚れを取るように洗ってくれます。

通常のクリーニング店と和装を専門とするお店では料金に倍以上の開きがありますが、滅多に着るものでもないので、専門店にお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

クリーニング店での色落ちもあり得る

自宅ではなく、クリーニング店で浴衣を洗えば色落ちしないかと言えば、必ずしもそうとは限らないようです。

中には、クリーニング店に浴衣をお願いし、色が薄くなってしまったという例も珍しくありません。

もちろん和装を専門としないお店にお願いした場合は、そういったトラブルが起こる可能性がやや高い事でしょう。

色落ちしても構わないような浴衣ではない限り、普通にクリーニング店へお願いするのは少々不安が残ります。

お願いするにしても、色落ちしないかどうか、浴衣を綺麗に洗えるのか、さらにはプランもしっかり確認した上でお願いしましょう。

まとめ

シーズンになると様々なシチュエーションで浴衣を着用する事があります。

自宅で洗うよりは、クリーニング店で洗ってもらった方が、色落ちの可能性はとても低くなるでしょう。

しかし、より色落ちの心配を抑え、綺麗に洗ってもらいたいのであれば、和装専門のクリーニング店等にお願いしてみるよう、ご検討してみて下さい。

スポンサードリンク


 - 暮らし