みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【結婚式】返信用ハガキの書き方は?たったこれだけで常識人!

   

1

結婚式にお呼ばれする時、新郎新婦から招待状が手元に届きます。

その時、出席か欠席か伝える項目、さらに一言のメッセージを書く欄などがハガキにはありますが、皆さんは正しい書き方をご存知でしょうか?

普通にそのまんま書くだけではダメなの?」と、単に記入欄を埋めて返信する人もいるでしょうが、実は返信用ハガキにはちょっとしたマナーが存在します。

それを知っているか知らないかだけで、常識人かどうか分かりますし、ハガキが届いた新郎新婦はすぐに異変に気付いてしまう事でしょう。

今回は、結婚式の返信用ハガキに関する常識的な知識を紹介します。

恥ずかしい思いをしてしまわないように、正しい書き方を身につけてみましょう!

スポンサードリンク

返信用ハガキに書き方なんてあるの?

結婚式にお呼ばれするとき、ほとんどの場合は「招待状」が手元に届いて、ゲストの方々はそれを返信する事で出欠が取られます。

(親しい人や家族の場合、新郎新婦が口で伝えて、ゲストの方から口頭で返事をもらうケースなどもあります。)

結婚式場が手配するハガキによって、どのような形式になっているかは異なりますが、

  • 出席か欠席かマルをつける項目
  • お名前の記入欄
  • ご住所の記入欄
  • 一言メッセージ
  • 食物アレルギーの有無

一般的にはこれらの項目があり、中には二次会への出欠を記入するものもあります。

何も知らずに「出席にマルをつけて、名前と住所を書いて、メッセージはおめでとうございますと、アレルギーは無い」というように、そのまんま項目を埋めていくと、少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

新郎新婦の立場になると一番分かりやすいのですが、お二人の元にはお声をかけた方々の返信用ハガキが次々と届いてくるのです。

すると、一般的なマナーをわきまえた人のを目にする事がもちろんあります。

そうなればちゃんと書けていない人と正しく書いている人の差がはっきりする訳ですね。

身近な友達ですとそこまで深く気にしない事ではありますが、一人の大人として、恥ずかしくない書き方をしておきたい事だと思います。

究極をいえば書き方を気にしなくても出席するかどうかが伝われば問題無いのですが、マナーをわきまえた書き方を覚えておく方が良いでしょう。

返信用ハガキの書き方

御出席や御欠席、氏名や住所

返信用ハガキの最も重要な部分「御出席」と「御欠席」の部分ですが、ここのマナーを知らない人は少なくなりでしょう。

何も考えなければ、御出席か御欠席のどちらかにマルをつけるだけで問題はありませんが、マナーをわきまえるとそうではなくなります。

 

1:出席をする場合には「御」に2本の斜線を引いて「出席」の部分にマルをつけます。

2:「御欠席」の文字にも2本の斜線を引いておきます。

3:出席の前に「喜んで」や「慶んで」という一言を書き加えます。

4:出席の後(右横や下あたり)に「させていただきます」と書き加えます。

 

これで、丁寧に出席を伝える事ができます。

また、名前を記入する「ご芳名」や住所を記入する「ご住所」の「ご」にも2本の斜線を引き、消しておきましょう。

氏名を書く欄には、招待された人数分の名前を書く事も必要です。(家族まとめて招待される事があるため)

ちなみに、御出席の「御」の上から「寿」と書く方法もあり、2本線よりもお祝いの気持ちを伝えやすいです。

一言メッセージ

たいていの返信用ハガキには一言メッセージを書く欄があります。

そこには、お祝いのメッセージを添えて返信するのですが、あまりに長くなりすぎないようにするのがポイントです。出来れば、無記入というのも避けるべきです。

 

例文1:ご結婚おめでとうございます。当日がとても楽しみです。

例文2:ご結婚おめでとうございます。お招きして頂きありがとうございます。喜んで出席させて頂きます。

 

このように、シンプルかつ手短な一言で問題ありません。

親友など長い付き合いの友人であれば、その時の気持ちをきっちり書いてあげても喜んでもらえるでしょう。

スポンサードリンク

欠席する場合

お仕事や何らかの事情により、お招きされた結婚式に出席できない人もいます。

そういう時も、新郎新婦に失礼にならないよう、マナーをわきまえて返信ハガキを書きましょう。

 

1:「御出席」と御欠席の「御」を2本線で消し、「欠席」にマルをつける。

2:欠席の前に「残念ながら」などと書き、後には「させていただきます」と書く。

3:「ご芳名」や「ご住所」の「ご」を2本線で消す。

 

連名で招待を受けている時、ひとりだけ欠席する場合には「出席」にマルをつけて、出席者の名前を書きましょう。

メッセージには、「〜を理由に●●のみ出席させていただきます」というように伝えておくと良いです。(欠席理由は内容によって言葉を濁して書きましょう。弔事や病気などが主な例です。

一言メッセージの例としては

 

例文1:ご結婚おめでとうございます。お招きをいただきましたが、どうしても都合がつかないため欠席とさせていただきます。お二人の末長い幸せをお祈りしています。

例文2:ご結婚おめでとうございます。せっかくお招きをいただきましたが、出産を控えているために、残念ながら欠席させて頂きます。末長い幸せをお祈りしています。

 

など、簡単に理由を述べつつ、お二人の幸せを願う一文を加えると良いです。

通常、返信ハガキは受け取ってから1週間以内で送り返しますが、欠席する場合、あまりに素早い返信は失礼にあたるかもしれません。

期限ギリギリや過ぎる必要はありませんが、1週間以内に収まる程度に、少し時間をおいてから返信する事をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

返信ハガキは一見して普通に書いて送り返すだけで良いように見えるかもしれませんが、実は細かなマナーが存在するものなのです。

実際に新郎新婦の立場になったり、年配の方が書いているものを見たりすると、そのマナーが良く分かります。

絶対に守らなければならないマナーではありませんが、新郎新婦に不快な思いをさせず、さらにご自身が常識の無い人だと思われないように、正しい書き方を把握しておきましょう!

スポンサードリンク


 - 結婚式