みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

敬老の日のプレゼントにタブレットを!選び方のポイントは?

   

いまいちはっきり覚えていない人が多いかと思いますが、9月の第3月曜日は「敬老の日」です。

みなさんは、どのようなプレゼントをするのかお決めになっているでしょうか?

定番のプレゼントとしては

  • お花
  • 和菓子
  • お食事券や商品券
  • 洋服など

こういったものが一般的かと思います。

これらのような定番の商品ではなく、もっと今時のものをあげたいと考えられる人もいるかと思います。

その一つの例として「タブレット」はいかがでしょうか?

おじいちゃんとおばあちゃんに渡しても使うのだろうか?と思う人もいるでしょうが、今はスマートフォンを持つご年配の方は少なくありません

スマートフォンですと画面が小さいので、電子書籍やニュースを見たり、調べ物をしたりするとき、少し見づらいのではないかと思います。

その分、タブレットですと画面が大きく、ご年配の方々も非常に扱いやすいでしょう。

そこで、敬老の日にタブレットをプレゼントする時に考えておきたいこと、選び方について紹介していきます。

スポンサードリンク

そもそもタブレットのプレゼントはあり?

プレゼントにタブレットはどうだろう?と考える人はもしかしたらいるかもしれません。

特に、今まさにインターネットが生活の一部となっている方々からすると、便利だからよろこんでもらえるかも!と思うことでしょう。

若い人たちからすると、タブレットがあれば非常に便利ですし、スマートフォンよりも画面が見やすく操作しやすい端末であるのは間違いありません。

ではおじいちゃんやおばあちゃんのような高齢者ですとどうでしょう。

高齢者からしても、タブレットは非常に使いやすい端末と言えます。

現在においてもガラケーを使うご年配の方は決して少なくありませんが、スマートフォンに切り替えている方もみられるようです。

また、ご年配の方向けのスマートフォンも登場しているほど広まってきています。

スマートフォンの扱いに慣れると、画面が大きくなるタブレットの扱いも出来るようになりますし、目の疲れる小さなディスプレイより、タブレットの方が非常に見やすいです。

もし、おじいちゃんやおばあちゃんがスマートフォンを使っている人であるのなら、タブレットをプレゼントするのは十分にありかと思います。

Androidにする?iPadにする?

タブレットにすることを決めたら次は、「Android」にするか「iPad」にするかというのが、大きな分かれ道になるでしょう。

それぞれの違いをはっきり知らない人がいるかもしれませんが、これらはまず、OSが違います。

OSとは、端末に組み込まれている頭脳となる部分が違いまして、パソコンでいうところのWindowsとMacの違いと言いますと、わかりやすいと思います。

どちらも同じような存在でも、「操作方法」が多少異なりますし、「アプリケーション」も違います。

敬老の日にプレゼントするなら、それぞれの違いの中でも「操作方法」が異なる点に注目すべきではないでしょうか?

若い人たちですと、新しい電子機器に対する適応力はそれなりにありますが、ご年配の方は新しい機器にすぐ馴染めないという人は少なくありません。

なので、おじいちゃんとおばあちゃんがスマートフォンを使っているのなら、同じOSのタブレットを用意してあげるほうが良いです

  • iPhoneを使っているなら「iPad」
  • Androidを使っているなら「Androidタブレット」

このように、お使いのOSに合わせてあげれば、大きく操作方法が変わってしまう事はありませんので、まだ馴染みやすいかと思います。

ガラケーをお使いの方へは、どちらかといえばAndroidタブレットの方が使いやすいと感じるかもしれません。

また、Androidの方が、初期設定が比較的簡単に行いやすく、アプリをインストールするときの認証などについても、初心者に分かりやすいのではないかと思います。

初期設定や認証等の点については個人的な意見にはなってしまいますが、ご年配の方がこれからタブレットを使い始めるのなら、こういった点も考えるべきではないでしょうか。

スポンサードリンク

選ぶときの注意点

注意点というほどの事ではありませんが、敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんへタブレットをプレゼントするのであれば、いくつか注意すべき事はあります。

まずは「画面のサイズ」です。

これは言ってしまえばご年配の方に限った話ではありませんが、タブレットを選ぶ時において画面サイズはとても重要です。

7インチという小型のものから、20インチほどの大き目の画面サイズで作られているものまであります。

若い方々が使用する場合においては、小さくても作業に大きな支障をきたしてしまう事はないでしょう。

しかしご年配の方々においては、やはりタブレットをプレゼントするのなら、大き目のサイズが望ましいかと思います。

おじいちゃんやおばあちゃんがネットでニュースを見たり、書籍を読んだりするのであれば、少なくとも10インチ程度のものがおすすめです。

次に「性能」を見て選ぶことも大切です。

一般的にスマートフォンですと、SIMやLTEに対応しており、端末でデータ通信ができたり、通話が出来たりします。

対して、タブレットですと無線LANを使ったり、デザリングを通したデータ通信のみしかできないWi-Fiモデルがあります。そもそもSIMのスロットがないような、Wi-Fiモデルが一般的でもあります。

おじいちゃんとおばあちゃんのご自宅に無線LANがあるのであれば、Wi-Fiモデルのもので良いでしょうが、それがない場合、データ通信が出来ず、使い道がわからなくなってしまいます。

そういったケースですと、多少費用的な負担をかけてしまうプレゼントにはなりますが、格安SIMでの契約を検討する必要があるかもしれません。

そして、「画素数」にも注目することも必要でしょう。

どこかに旅行へ行ったり、お出かけが好きだったりする方ですと、タブレットのような大きな画面で写真を撮れるのは非常に嬉しいと思います。

そこで、画素数が高めのタブレットであれば、持ち歩いて写真を撮るような楽しみ方もしてくれることでしょう。

800万画素や1300万画素などの、高画素数のタブレットをプレゼントしてみると、喜んでくれるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

敬老の日にプレゼントを考えている方は、タブレットも十分選択肢に入るものかと思います。

特に、おじいちゃんとおばあちゃんのご自宅にWi-Fi環境が整っているのであれば、さらにプレゼントしやすいのではないでしょうか?

ご自身が使うのではなく、使ってもらうものに関しては、やはりどういう商品を選ぶのかは慎重になっておきたいところです。

敬老の日のプレゼントでタブレットを検討されている方は是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク


 - 敬老の日