みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【ハロウィン】実は簡単?男性の傷メイクのテクニック|動画あり

   

今やハロウィンは年に一度の大イベント。老若男女問わず多くの人が仮装をして、街中に繰り出します。

ハロウィンは見ているだけでも十分楽しめますが、時には自分が参加してみるのも面白いかもしれませんね。

元々はお化けやゾンビのような仮装が一般的でしたが、今ではコスプレ祭りのような風潮になりつつありますので、やや女性が多いかな?という印象も受けるでしょう。

そのような傾向から、男性の方々は「参加しづらい・・・」と思うかもしれませんが、実際には多くの男性も仮装していられる事が多いです。

仮装と言いますとかなり大掛かりな衣装やメイクをされる印象が強いでしょうが、小さなメイクで街中にお出かけされる事もあります。

今回紹介するのは、ハロウィン向けのメイク。中でも男性がする「傷メイク」について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

傷メイクとはどういうもの

傷メイクとは、その名の通り「」をメイクによって擬似的に作り出すものです。

例えば、口裂け女のような切り込みを入れたり、あるいは縫い目を入れたりするなど、それらをお化粧によって演出します。

高度な技術を必要とする特殊メイクを使って、テレビで大掛かりな演出をされている芸能人も多いですが、一般の方が簡単に出来る方法もあります。

派手な衣装を着たり、小難しいメイクをしたりしなくても、ちょっとだけ傷メイクを入れて出かけるくらいでもハロウィン感を味わえるのでしょう。

現に、ドラキュラのように牙をつけたり、頭にツノを生やしたりするシンプルなコスプレをして出かけている人もいるほどです。

何も仮装やメイクをしないで街中に出かけるよりも、少しでもメイクをして出かけた方が、仮装仲間と何かしらの交流があるかもしれません。

傷メイクと聞くと難しいように聞こえるかもしれませんが、簡単に出来る傷メイクの方法は、様々なところでいくつも紹介されています。

ティッシュでする傷メイク

こちらの動画では、ティッシュを使って傷メイクをする演出が紹介されていました。

大まかに述べると下記のような流れになっていて、とても分かりやすく解説されています。

身近にあるティッシュを使った傷メイクなので、とても手軽なものだと思いました。

が、所々でコンシーラーやシャドー、グロスなどの女性の化粧品が使われているので、男性からするとそこのハードルがある傷メイクです。

恋人がいたり、女性の友達がいたりする方であれば、メイク道具を貸してもらうと簡単に出来そうですね。お母さんでも良いかもです。

  • 下地を作る。
  • アイプチを用意。傷跡の形に塗る。
  • ちぎったティッシュを貼る。
  • 丸めたティッシュを傷部分の内側に貼る。
  • コンシーラーなどで肌色に近づける。
  • 赤と青のシャドーで色をつけていく。(アザを作る)
  • 赤色の上に黒を重ね、その上に赤を重ねる。
  • 傷周りを赤く塗る。
  • 所々を青く塗る。
  • 血のりを傷部分に塗る。(動画ではグロス)

 

完成度の高い傷メイクの割にそれほど手順が多くありませんので、その点が道具があれば男性でもしやすいかな?と思いました。

ティッシュを上手に使ってリアリティのある傷の立体感が演出されていて良いですね。

スポンサードリンク

ボールペンで出来る低コスト傷メイク

こちらの動画では、ボールペンで傷メイクが出来る、低コストなテクニックが紹介されていました。

先ほどの傷メイクですと、どうしても化粧品を使わなければならないため、男性ですとややハードルが高かったかもしれませんが、こちらはそのようなことはありません。

使用するのは

  • 三色ボールペン
  • ウェットティッシュ

たったこれだけですので、つまりあとは「やり方」さえ分かれば、誰でも出来るということですね。

使用しているのは100均の三色ボールペンで、「黒」「赤」「青」それぞれの色を巧みに使いこなし、最終的にはリアリティのある傷を表現していました。

傷には赤と黒、そしてアザっぽさを青色を混ぜたりして、ウェットティッシュでにじませつつ書いています。

途中まではボールペンで書いたような見た目ではありましたが、完成系はボールペンとは思えないほどの出来栄えで良いと思います。

動画では手で書かれていましたが、うまく顔にかければ、良い傷メイクになるかもしれませんね。

一人で出来る傷メイク

この動画には、一人で出来る傷メイクについて紹介されていました。それも男性が用意できそうなアイテムばかりでしたので、ハロウィンにおすすめのメイクテクニックではないでしょうか。

  • 水性ペン(赤、黒、青、ピンク)
  • 水のり
  • 爪楊枝
  • 綿棒
  • ファンデーション

ファンデーションは持っていない男性が多いでしょうが、その他は簡単に入手しやすいものばかりですね。

今ではファンデーションは100均にも売られていますので、これが最も男性にとってしやすい傷メイクかもしれません。

黒と赤の水性ペンがあれば、青とピンクはなくても表現できるようなので、自宅にあるものだけでしたい場合にはわざわざ買い足さなくても良いかと思います。

大まかな流れは

赤ペンで傷部分を書く。
水で濡らした綿棒で線をぼかす。
黒ペンでぼかした中心に線を塗る。
綿棒で黒をぼかし、その上から赤を塗ってまたぼかす。(何度か繰り返す)
繰り返したらアザのようになってくる。
水のりを真ん中に溜まるように塗り、端っこを綿棒で伸ばし、乾かす。
端っこの乾いたところを爪楊枝で少しめくり、皮がはげたようにする。
最後にファンデーションをあてる。

このようになっていました。

手順が多いように感じますが、動画で見たら簡単に出来るような気持ちになれると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性もハロウィンには仮装をして出かけてみたいと思う人もいるのではないでしょうか?

派手な仮装となると気がひけるかもしれませんが、傷メイクなら気軽に出来ますし、ちょっとしたハロウィン感を出すことができると思います。

今回紹介した傷メイクの動画はすべて、説明を見れば簡単なものになっていました。

みなさん丁寧に解説してくれていますので、参考にしてみてはいかがでしょう!

スポンサードリンク


 - ハロウィン