みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

忘年会に子供連れで参加するのはあり?注意すべき周囲への配慮

   

VV9V9A2971_TP_V

会社の忘年会は、同僚や上司、部下など仕事付き合いの人たちが大勢参加します。

そんな中、「子供連れで参加しよう」と考える人もいるのではないでしょうか。

実際、忘年会に子供を連れて出席される人は少なくないようで、その行為に対する意見や気持ちは様々です。

気になるのは、子供連れで忘年会に参加したときの周囲の心境ではないでしょうか?

はたして子供連れて忘年会に参加するのはありなのか、無しなのか。

ありならどういう事に注意すべきなのでしょうか。

スポンサードリンク

忘年会に子供連れはアリ?

family-457235_640

ご自身が親の立場ですと、「別に子供を連れてきても良いじゃん!」と思うかもしれませんが、実際のところ、子供連れに対する意見は様々です。

「気を遣うので疲れる」
「騒がれたり泣かれたりすると迷惑」
「大人同士の話をしづらい・・・」

など、様々な意見がネット上では見られました。

一方で「会社が認めていれば問題ない」「子供連れの人も多い」などという意見も見られるものの、やはり子供連れはちょっと・・・という意見の方が多かったように思います。

もちろん、会社が子供連れを認めていれば問題はありませんが、残るはモラルや周囲への配慮という結論に至るでしょう。

子供を連れて忘年会に参加するならば、親御さんがしっかり面倒見る責任が生まれるでしょうし、周囲へ迷惑をかけないよう注意するべきです。

ご家庭の事情があり、子供を一人に出来ないという理由も当然あり得ます。

ただ会社の忘年会を楽しみにしている人たちの事を考えるならば、事情があるのであれば、

  • 忘年会に参加しない
  • 1時間くらいで中座する

というのが大人のマナーかと思います。

仮に子供連れで参加するのならば、

  • 周囲に迷惑をかけないよう子供を野放しにしない
  • 気を遣わせないよう子供に注意しておく

かなり抽象的ですがこういった部分に注意すべきではないでしょうか。

総合的に考えると、子供を一人にさせられず子供連れで忘年会に参加するのなら、欠席する方が周囲への配慮となると思います。

周囲へ配慮すべきこと

max16011518-2_TP_V基本は子供の世話をするように

忘年会に出席される方々は、大人同士で飲み食いしながら楽しく話そうと考えている人が大半でしょう。

なのでもし、子供連れで参加する場合には、極端に言えば自分は会話に参加しないくらいの気持ちである方が良いです。

乾杯の挨拶くらいはし、その後は子供の面倒をみるのを中心に過ごすと、周囲に大きな迷惑はかかりません。

子供を預けられない、けど社交辞令や付き合いの関係で出席はしておきたい・・・という場合は、周囲への配慮をした上、参加するようにしましょう。

参加するなら一次会までにするべき

どうしても忘年会に参加したいのであれば、一次会までにするなど、周囲へ気配りをしましょう。

いくら子供も一緒に参加して良いと言われていましても、心の中では気を使ってしまう人も少なからずいるはずです。

その中、一次会、二次会、三次会と最後まで子供を連れて参加しますと、いつまでたっても大人たちだけでのノリで会話が出来ません。

空気を読んで、忘年会に出席するか検討しましょう。

子供の分の費用は払う

企画の段階では大人たちだけという段取りだったものの、子供が参加する事で変更しなければならない事があります。

それが参加費用です。

例えば居酒屋の場合、食べ飲み放題で1人あたりいくらと決まっていた場合、子供も人数分として数えられます。

(お店によって子供料金などあるかもしれませんが・・・)

追加料金を支払わずにいると、会社や周囲の人たちが負担する羽目になるかもしれません。

最低限のマナーとして、連れてきた子供の分の費用が発生した場合は支払いましょう。

スポンサードリンク

本当に連れていくか?一度検討しましょう

YUKA150701598457_TP_V

会社の人たちの気持ちや反応はもちろん、子供の事を考えて、本当に子供連れで参加するのかじっくり考えましょう。

会社の人たちからすると、「子供好きだから良いよ!」という人もいれば、「気を遣う」「騒がしくて困る」「大人同士で話をしづらい」という人もいるはずです。

また、子供の立場を考えても、

  • 大人がたくさんいる空間は楽しいと思うでしょうか?
  • 副流煙による子供の体への害は大丈夫でしょうか?
  • 眠たいのを我慢させるべきでしょうか?

これらのような問題が残ります。

「うちの子供はしつけが出来ているから大丈夫!」という問題だけではないかと思います。

会社で子供を連れてきて良いとルールがあったとしても、本当に会社の人たちやご自身の子供にとって良いのか、考えてみるのが良いでしょう。

まとめ

親の立場からすると連れて行きたい!と思うのも無理はないと思います。

  • 一人にさせたくない
  • 一緒に楽しめるはず
  • おとなしくしてくれれば良い

このようにポジティブに考えられることもありますが、やはり皆さんの事、子供の事を考えると必ずしも子供連れで参加するのが良いとは言えないと思います。

子供を預けられない状況でしたら、欠席するのも視野にいれるのも選択肢の一つでしょう。

スポンサードリンク


 - 忘年会