みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【新生活】引っ越しの前後に用意しておきたい!外せない必需品8選

   

1-2

 

社会人になって一人暮らしをする
大学に通うために部屋を借りることになった

人によって理由は様々ですが、春から新生活を始めるという方は少なくありません

初めて一人で暮らす、あるいは二人で暮らすということになった時、何を用意するのかご存じでしょうか?
新生活において、準備しておきたい物はたくさんあります!
家具はもちろんの事、家電がなければ生活が始まりません。

ただ、何でもかんでも買えばいいというわけではないんですね。

必需品とも言える必要な物があるのに対して、実はさほど急ぎで必要ないという物も多いんです。

これがわかれば、急いで買い集めたり、新生活早々、多額の出費に悩まされる事はありません!

そこで今回は、新生活を始める際に用意しておきたい「必需品」を8選紹介したいと思います。

スポンサードリンク

用意しておきたい家電製品は?

2

冷蔵庫

ひとまず、まともに生活をしていくのであれば「冷蔵庫」がなければ何も始まりません。

一人暮らしであれば小さめのもので十分ですし、
二人暮らしでもさほど大きい冷蔵庫はいらないこともあります。

目安としては、

  • 一人暮らし

100L前後がおすすめ!130L以上の容量で、作り置きや買い置きしやすくするのもありです!

  • 二人暮らし

100Lでは物足りないかも・・・。大きくて200Lくらいの容量が、余裕があっておすすめです!

暮らす人数によって冷蔵庫の必要な容量は違ってきます。

自炊をメインに食生活を送る!という人は、余裕のある容量で購入されてみてはいかがですか?

炊飯器

自炊をするのであれば、炊飯器がなければ始まりませんね!

麺類で十分!という人も中にはいますが、日本人なら炊飯器は欠かせない家電だと思います!

これは新生活を始めることにおいて、必需品の一つと言えると思います。

ちなみに炊飯器の大きさで悩まされる方もいるのではないでしょうか?

炊飯器は一人暮らしでも余裕を持ったサイズがおすすめです!

容量としては、5合炊きの炊飯器でも、余裕を持ってお米を炊くことができるのでいいですね。

二人暮らしでも、5合炊きのもので十分だと思います。

中には「3合で十分!」と思う方がいるかもしれませんが、毎日一人分のお米を炊くのは面倒じゃないですか?

もちろん容量が大きくても一人分のお米を炊くことができますので、5合炊きの炊飯器をおすすめします!

電子レンジ

自炊する派でもしない派でも、電子レンジが一つあるだけで食事のしやすさがぐっと変わります!

解凍機能オーブン機能など、様々な機能が搭載されているものでなくても大丈夫です。

スーパーやコンビニで買ったお惣菜を温められるだけでもとても楽ですね。

また、まとめて炊いておいたお米を温めるときにも使えますので、自炊をする人にとっては必需品といえます!

安いタイプでもいいので、新生活を始める段階で用意しておくのがいいと思います!

パソコンorテレビ

新居に引っ越してきた最初、テレビやパソコンがないととてもさみしんですよね・・・

テレビがあればいいですが、パソコンでも十分暇をつぶすことができます!

テレビの大きさですが、一人暮らしの場合には32インチほどのサイズがいいです!

近いインチでは、19インチと42インチがありますが、これらだと小さすぎたり、返って大きすぎて邪魔になったりします。

5万円前後で32インチのテレビを購入することができますので、一度チェックしてみてはいかがですか?

急ぎではない家電製品

これから新生活を始めるという方が知っておきたい、急ぎではない家電製品はこちらです!

  • 電気ケトル

最悪、コンロでお湯を沸かす事ができるので、急ぎではありませんね。

  • 洗濯機

コインランドリーが近くにあれば、急いで用意しなくていいかも?

  • 固定電話

今の時代だと、スマートフォンで事が足りる事が多いですね。

  • トースター

パン以外の食事、あるいは電子レンジで間に合う事が多いです。

  • 掃除機

クイックルワイパーなどでその場しのぎはできますね。

  • 食器洗い機

一人暮らし、あるいは二人暮らしでも急いで必要はないですね。

こういった後からでもいい家電製品なら、ゆっくり揃えていくと負担を減らせますね!

引越しの前後はどうしてもお金がかかってしまいますので、ひとまず家電を減らして、出費を抑えてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

用意しておきたい家具は?

3

 

新生活を始めるのであれば、最低限、家具を用意しておく必要もあります。

いきなり全て用意するというのは大変という方へ、最低限用意しておきたい家具をいくつか紹介します!

ベットなどの寝具

新しい部屋への引越しが完了して、いろいろ生活の準備を終えた時、寝る場所がない!という事にならないように、寝具を用意しておく事が大切ですね。

  • ベッド(あるいは敷布団)
  • 毛布
  • 掛け布団

これらが一般的に寝具として必要なものですね。

布団を用意していない!という場合には、一人用の敷布団は1万円以内で購入する事ができますので、急いで用意しましょう!

カーテン

引っ越してきて、意外と忘れがちなのがカーテンです。

外から丸見え!
太陽の光が眩しい!

ということにならないように、カーテンは必ず用意しておきましょう。

また、寸法などの関係もありますので、できればサイズを引越し前に確認しておき、すぐに取り付けられるようにしたいですね!

テーブル

食事をする、何か作業をするというときにテーブルは必要です。

引越しの際に用意していなければ、ダンボールの上でご飯を食べる羽目に・・・ということもあります。

椅子ダイニングテーブルでもいいですし、床生活の場合には低めのテーブルを用意しておきましょう!

ドン・キホーテやホームセンターにて、お手ごろに購入することができます!

座椅子

どのような間取りなのかということにもよりますが、ワンルームなどの場合、座椅子があるととても便利です!

椅子やソファーがある方にはさほど必要ないかもしれませんんが、床生活を送る場合、用意しておきたいですね。

テレビを見るとき、食事をするとき、とにかく座っているときには座椅子があるのと無いのとでは、快適さが全然違います。

2000円程の価格で購入出来るものもありますので、チェックしてみてはいかがでしょう。

急ぎでは無い家具

家具の中には、引っ越してからすぐに用意しなくても良いものも多いです。

家電や家具をまとめて用意すると、どうしても費用がかさんでしまいます

少しでも費用を分散させたいという場合には、いくつか家具を後回しにするのが良いですね。

それでは、さほど急ぎでは無い家具をチェックしていきましょう。

  • タンス
  • ソファー
  • 絨毯やカーペット
  • 収納家具
  • デスク
  • テレビボード
  • 照明(引越し先に用意されている場合)

これらの家具は。最悪、後回しにしても大丈夫なものではないでしょうか?

ただ、やはりタンスなどの収納類を用意していないと、友人を自宅に呼びづらい・・・という事にはなります。

なので、人を呼ぶ予定がある場合には、衣類などをしまえる収納は用意しておいたほうが良いかもしれませんね!

スポンサードリンク

いかがでしたか?

新生活を始める時に最低限用意しておきたいグッズを紹介させてもらいました。

もちろん、必要な物は人によって異なる事ではありますが、一度も一人暮らし等をした事がない方にとって、一応確認しておきたい事ではないでしょうか?

引越ししてから「あれがないコレがない」といった事にならないように、しっかりチェックしておく事をお勧めします!

それでは、快適な新生活を楽しんでください!

まとめ

  • 予算に合わせて必要な家電にしぼる!
  • 家具はひとまず必要な物だけでもOK!

 - 新生活