みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【暑さ対策】愛犬との散歩にオススメ!涼しく過ごせるグッズを紹介

   

dog-1310545_1920

暑い季節がやってくると、暑さをしのぐのに毎日大変ですよね。

家の中にいても暑い。外に出ると日差しが眩しい。

私たちはクーラーなり扇風機なり、暑さ対策はいくらでもする事ができますが、一緒に過ごしている愛犬はどうでしょうか?

ワンちゃんは暑くても自分で冷房をつける事が出来ませんし大変です。

しかも散歩の時なんか、日差しに照らされてしまい、暑くて仕方がないと思います。

ちなみに犬も人間と同じく「熱中症」にかかる心配があるので、夏の暑さとかは特に軽視してはいけないものなのです。

大切な愛犬が熱中症を起こして体調を崩したり、万が一命に関わる事があったりしないように、飼い主がしっかりと暑さ対策をしてあげる事が大切です。

そこで今回は、愛犬が快適で安全に散歩が出来るように、便利なグッズをいくつか紹介したいと思います!

普段は特に気にせず外出している方も、これからは愛犬の体調も考え、散歩に連れて行ってあげてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

「犬の熱中症」その症状は?

chihuahua-1356693_1920-2

熱中症といえば、気温の高い季節に屋外に出ていると起こるイメージがあると思います。

私たち人間の場合、夏になるとニュースで目にする事があるほど、決して珍しい事ではありません。
ですが、これは大切な愛犬も一緒なんですね。

ちなみに熱中症とは体内に溜まっている熱を外に逃がせず、体の機能が不全に陥っている状態です。

人間は「」をかく事で、気化熱により体温を調整する事が出来ますが、犬はパンティングと言われる「あえぎ呼吸」によって体内の熱を放出しています。

しかし人間が汗をかいて体温を調節するのに対して、犬のパンティングでは体温調整に限界があります。
すると、体の中に体温が溜まりすぎてしまい、最悪の場合には命に関わるケースもあるのです。

犬が熱中症を起こす原因としては

  • 昼間の散歩(特に夏場)
  • 夏季の車内放置
  • 肥満体型
  • 運動のしすぎ

などがあげられ、さらに犬種としては短吻犬種、つまり鼻の短い犬種は冷却機能が弱いために熱中症を起こしやすくなります。

また、熱中症を起こした時の症状としてみられやすいのは

  • ぐったりとした様子
  • 食欲がない
  • 呼吸が荒い
  • 歩行がふらふらしている
  • よだれが大量に出ている
  • 心拍数が増加している
  • 嘔吐や下痢、血便
  • 痙攣がみられる

これらの症状は犬が熱中症を起こした時にみられやすいものです。

特に「痙攣」や「嘔吐」などがみられる際には、症状が重たい可能性がありますので、早めに獣医に相談するのが望ましいと言えます。
対処が遅れると命に関わる心配もあるため、様子はしっかりと観察してあげてください!

スポンサードリンク

散歩する時におすすめのグッズは?

それでは、愛犬が熱中症にかからないようにするには、どのような対策をすれば良いのか。
散歩する際におすすめのグッズを紹介します!

お洋服でクールに!

 

こちらの商品ですが、ワンちゃん用のタンクトップです!

濡らしておいて、軽く叩くだけて冷たくなる仕組みになっているので、使い方はとっても簡単ですね。

水だけで使えますし、保水効果が長く続いてくれるので少し長めの散歩でも安心です。

また、洗濯が可能な素材なので、何度も繰り返し使えるメリットがあります!

夏場にお散歩に連れていく事が多い場合には便利ですね。

お手軽!クールダウンスプレーで涼しく!

 

暑い季節のお散歩の際に、スプレーでシュっとしてあげるだけでクールダウン出来ます!

熱中症対策にとても便利ですし、持ち運びはさほど邪魔にならないので良いですね。

また、消臭効果に加えて、アロマ成分が配合されているので害虫を寄せ付けないのもメリットです。

河川敷など、虫がいそうな場所をコースにしているのであれば、とってお安心だと思います。

目や口などにかけないようにする事と、生後3ヶ月未満のワンちゃん、肌トラブルを持っているワンちゃんなどには利用しないほうが良いので、使用に関する注意点はチェックしておくと良いです!

クールバンダナで暑さ対策!

 

こちらはクールバンダナで、お散歩するまえに保冷剤を入れて首元にセットしてあげるものです!

用意した保冷剤をポケットに入れて、ワンタッチでつけてあげられるのでとても簡単!

また、デザインが何種類かあり、おしゃれにお出かけ出来ます。

長さ調整が可能なのと、バンダナと保冷剤を合わせても25グラム前後しかないので、ワンちゃんの負担になる事はほとんどないですね!

スポンサードリンク

いかがでしたか?

大切なワンちゃんを熱中症にならないようにするには、飼い主が暑さ対策をしてあげなければなりません!

春や秋などの比較的涼しい季節ならあんまり気にならないかもしれませんが、やっぱり夏頃になると真昼間は注意したい時間帯です。

また、少し涼しい時間帯でも長距離の散歩をしたときは、しっかり水分補給をさせてあげたりしないと、危ないので注意しなければなりません。

熱中症の症状が伺えた時は対処してあげる必要がありますので、心配な場合には獣医に相談してあげてください。

できればグッズなど、何かしらの対策をして熱中症にならないようにするのが一番ですよね!

夏場でも快適にお散歩できるよう、参考になれば幸いです!

まとめ

  • 熱中症の症状には要注意!
  • 体温を調整する涼しいグッズで対策!

 - 暑さ対策