みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【敬老の日】何歳から?いつなの?プレゼントを送る前に知るべき基本

   

1

みなさんは「敬老の日」とはどういう日なのかご存じでしょうか?

名称だけ知っていて、ただ単に祝日といったイメージでしかないという方も多いかと思います。

敬老の日は、長きに渡って社会に貢献し、尽くしてきた高齢者を祝う日なのです。さらに、それだけではなく高齢者の福祉の関心を深めることにより、若い世代に対して高齢者の生活を向上させる事を促す意味もあるのです。

要するに、長寿を祝い、若者は高齢者の生活に貢献するための意識を高めようという事ですね。

普段から祝日や旗日といった印象しかない方も、こういった意味合いは知っておいた方が良い事だと思います。
さらに、実際に行動に移し、祖父母を祝ってあげるというのも大切なのではないでしょうか。

いざ敬老の日に何かしらのプレゼントを贈りたいと考えていても、何歳以上の方で何日なのかという具体的な事を知らない方もいるかと思います。

せっかくなら正式なタイミングで祝ってあげた方が良いですし、祖父母も喜んでくれる事でしょう。

それでは、敬老の日が「いつ」「何歳から」「どんなプレゼントが良いのか」といった基本を紹介していきます。

スポンサードリンク

敬老の日はいつから?

3

敬老の日と聞いても、何月の何日がそうなのか分からないという方は多いかと思います。

祝日法と言われる国民の祝日に関する法律によると、9月の第3月曜日と定まっています。

つまり厳密に言えば「何日が敬老の日」という決まりがあるわけではありません。
その年ごとに曜日は変わっていきますので、9月15日〜9月21日までの7日間のどれかに該当するというわけです。

実は2002年までは「9月15日」が敬老の日として定められていたのですが、2001年のハッピーマンデー制度によって、日付との関連性の低い祝日は月曜日に当てられるようになったのです。

そういった意味もあって、敬老の日は9月の第3月曜日なんですね。

スポンサードリンク

敬老の日は何歳から?

2

敬老の日に高齢者をいたわる印象はあっても、実際に何歳からお祝いすれば良いのか分からないという事もありますよね。

この日には特段、対象年齢が定められている訳ではありませんが、法的な考え方をするといくつかに区別されます。

  • 敬老の日

祝日法で定められており、対象年齢はありません。(第3月曜日)

  • 老人の日

老人福祉法で定められており、65歳以上を対象とします。(9月15日)

  • 老人週間

老人福祉法で定められており、65歳以上を対象とします。(9月15日〜9月21日)

 

これらが高齢者をいたわる気持ちを持つべき日ですが、敬老の日に限っては特別な年齢が定まっている訳ではありません。

老人の日や老人週間を参考にするのであれば、65歳以上のお爺ちゃんお婆ちゃんに対しては、お祝いしてみるのも良いかもしれませんね。

ただ、「お爺ちゃん」や「お婆ちゃん」と呼ぶのは、いわゆる孫やひ孫が呼ぶ敬称する言葉なので、無関係の方が敬老の日に祝うのは、場合によって失礼にあたるかもしれません。

どのようなプレゼントがおすすめ?

1

敬老の日に、お爺ちゃんやお婆ちゃんへ、どういったプレゼントを渡すのが良いのか、分からないという方は多いかと思います。

例えば母の日であればカーネーション、父の日であればハンカチやネクタイといったイメージがありますが、敬老の日というと何を渡せば良いのかイメージしづらいかと思います。

いくつか例をあげさせてもらいます。

  • お花
  • 和菓子
  • 商品券
  • 食事券
  • 果物
  • 健康グッズ
  • 手作りアイテム

こういった分類が、敬老の日に送るプレゼントとしておすすめの商品です。

中でも「お花」や「和菓子」あたりが定番ではないでしょうか?

例えばお好きであれば「海産物」や「お肉」などの少し高級な食品を送るというのも良いかもしれませんね!

スポンサードリンク

いかがでしたか?

少しは敬老の日に関する知識が身についたかと思います。

いつ、何歳から、何をあげるかということがわかれば、ある程度準備をしやすくなると思いますので、今年の敬老の日はぜひ、お爺ちゃんお婆ちゃんを祝ってあげてください。

まとめ

  • 敬老の日は9月15日〜9月21日
  • おおよそ65歳から前後から祝ってOK
  • お花や和菓子がおすすめ

 - 敬老の日