みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【福袋】2017年マクドナルド|中身、店舗、発売日を紹介!

   

%ef%bc%91

2017年、新年早々「福袋」をチェックしておきたい方は多いのではないでしょうか?

1年を通して1月の始めのみ売り出されているので、欲しいかどうかはともかく、お祝い的な意味で買ってみるという方も少なくないと思います。

一口に福袋といっても種類は様々です。
イメージとしては家電製品や化粧品、ゲームやファッション系が強いかもしれませんが、飲食店でも福袋は販売されています。

例えば、ファーストフードチェーン店として、世界でも最大の規模である「マクドナルド」でも、毎年恒例として福袋が販売されているのをご存知でしょうか?

そこで、「一体どんな物が中身に入っているの?」と考えられると思います。

マクドナルドの福袋は、マックの商品が好きな方、しょっちゅう食べる訳ではないが好き、という方にお得な商品が入っています。

ではより具体的にどのような商品なのか、販売する店舗、発売日はいつなのか、マクドナルドの福袋に関する情報を紹介していきます。

年明けに買っておきたいという方も出てくると思いますので、チェックしていきましょう!

スポンサードリンク

福袋の中身の予想は?

%ef%bc%91

マクドナルドの福袋の中身は、毎年やや異なる内容となっています。
そのため、2017年はどのようになるのか予想していきましょう。

そういう事ではまず、過去の販売歴から探るとして、2015年にマクドナルドで販売されていた福袋の情報を紹介します

2015年は3種類の価格で販売されていました。

1,000円福袋

  • ハンバーガー無料券/2枚
  • コーヒー無料券/2枚
  • ソフトドリンク無料券/2枚
  • ナゲット無料券/2枚
  • ポテトS無料券/2枚
  • オリジナルグッズ

このようなバリエーションとなっていました。
マクドナルドで定番とも言える商品がそれぞれ無料券として2枚ずつ、加えてオリジナルグッズももらえるとの事です。

価格的に、普通に買うのとどちらがお得なのかという点では

ハンバーガー(100円)×2=200円
アイスコーヒーS(100円)×2=200円
ソフトドリンクS(100円)×2=200円
ナゲット5ピース(200円)×2=400円
ポテトS(150円)×2=300円

合計1,300円

300円+オリジナルグッズがお得だという事がわかりました。

価格は一応サイズSやナゲット5ピースで算出しましたが、サイズや内容量が多いものがOKだと、さらにお得ですね。

3000円福袋

  • セット無料券/5枚
  • ポテトクッション
  • オリジナルグッズ

このような中身となっていたようです。

例えば安いセットにした場合の例として、チキンチーズバーガーのセットで500円となります。
それが5回分としても2,500円で、それプラスクッションやオリジナルをもらえるなら、マックファンにとって嬉しいかもしれませんね。

お子様がいる方にとっても、こういったグッズは良いかと思いました。

無料券で選べるセットによっては、それだけでお得という事も十分にあり得ますね!

5,000円福袋

  • ポテトS無料券/5枚
  • ハンバーガー無料券/5枚
  • コーヒー無料券/5枚
  • 何でも選べるセット券/7枚
  • ビックマッククッションorポテトクッション
  • アップルパイ缶ペンケース

このような内容になっていたようです。
やはり5,000円というだけあり、中でも一番豪華な内容になっていると感じました。

気になる方のために、価格的な部分も考えていきましょう。

  • ポテトS(150円)×5=750円
  • ハンバーガー(100円)×5=500円
  • アイスコーヒーS(100円)×5=500円
  • セット(仮.500円)×7=3,500円

合計5,250円

飲食物のみの価格を見れば+250円とクッション、ペンケースとなりました。
が、セット料金をあくまで500円と見積もった額です。

例えば「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」の820円セットを選べた場合、合計が7,490円となるため、2,490円もお得という事になります。

クッションやペンケースをもらえるのも嬉しいポイントですね。

総合すると5,000円の福袋を選ぶのが最もお得にしやすい事がわかりました。
そして、1000円と3,000円の福袋も決して悪い内容と私は思いません。

価格が気になる方は公式ホームページからチェックしてみましょう。

公式サイト:http://www.mcdonalds.co.jp

以上までが2015年のマクドナルドの福袋の内容でした。

スポンサードリンク

次に2016年版の福袋を手短に説明していきます。

2015年とは打って変わり、2016年は2種類の価格で販売されていまいました。

2,500円福袋

  • ハンバーガー無料券/1枚
  • フライドポテトS無料券/1枚
  • ビックマッククッション
  • タンブラー
  • クリップ和製シート

このようになっていたようです。

2015年とは違い、飲食物ではなくオリジナルグッズに力が入っている印象を受けます。

%e7%94%bb%e5%83%8f出典:http://rocketnews24.com/2016/01/01/685392/

ただ、ハンバーガーのクッションやタンブラー良さそうに思います。

もちろん、福袋なので一概に全ての中身が一緒とは限りませんし、さらに豪華なものが入っている可能性もあるかもしれません。

3,000円福袋

%ef%bc%92出典:http://rocketnews24.com/2016/01/01/685376/

  • ビックマッククッション
  • タオルハンカチ
  • フリースブランケット
  • 塗り絵
  • パズル

それぞれ各1個入っていたようです。

これもまた、2015年とは大きく変わり、無料券などが入っていませんね。

商品を見る限りは、どちらかというとお子様向けの商品バリエーションというイメージです。

こちらもまた、必ずこの中身になるとは限りませんので、ハンバーガーの券なども期待出来るかもしれません。

2015年から2016年にかけての福袋の変わり方をみると、次を予想しづらいです。

ただ、希望としては2015年度のように、様々な無料券が詰まっている方が、学生から社会人の方まで幅広く利用できて良いのではないかと感じました。

販売日、販売店舗

%ef%bc%92

マクドナルドの福袋は販売店が限定されているため、全ての店舗で売られているとは限らないようです。

基本的には店舗で福袋が販売される場合、事前に告知が行われるため、年末にお近くのマクドナルドに寄ってみると、耳寄りな情報が紹介されているかもしれませんね。

また、他店舗と合わせて福袋を販売するという事では、イオンなどのショッピングモール内にあるマクドナルドでは、福袋が販売される可能性が高いと考えてよいでしょう。

次に販売日についてですが、こちらは例年通りなら1月1日から販売スタートと、同じく販売される可能性が高いでしょう。

ファッション関係や電化製品の福袋で品切れはあまり見かけませんが、マクドナルドの福袋は先着何名と数に限りがあるようです。

もし、買ってみたいという事であれば元旦にお買い物ついでに寄ってみると良いのではないでしょうか?

1月2日、1月3日では売り切れの可能性がありますので、できればお早めにお買い求めされる事をおすすめします。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

普段からマクドナルドはしょっちゅう利用しているという方には特に、お得な福袋となるのではないでしょうか。

ハンバーガーやポテトの無料券なら便利ですし、オリジナルグッズであればお子様がいる家庭は喜んでくれるのではないでしょうか。

様々なジャンルの福袋と比べると、比較的お手軽な価格で購入できますので、興味がある方は一度チェックされてみてはいかがでしょう。


 - 福袋