みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【新生活】同棲を始める前に知るべき費用!把握しておくべき項目は?

   

%ef%bc%91

新生活といえば、就職や入学をきっかけに、一人暮らしを始めるというイメージが非常に強いのではないでしょうか。

割合としては一人暮らしを始める方々が多いかもしれませんが、同棲で新生活を始めるという方も少なくありません。

ある程度付き合いが長くなったカップルは、時期を見て同棲を始められる事があると思います。

そこで気になるのは、同棲にはどれくらいの費用がかかるのか?ということではないでしょうか。

今まで一人暮らしをしていた方であればある程度想像はつくかもしれませんが、実家暮らしからの同棲となると、費用についてイメージしづらい点も多いと思います。

そこで、同棲を始めることにおいて、必要となる費用について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

同棲に必要となる費用は?

同棲を始めるには、大抵の場合、引越しが必要となっていきます。

引っ越しや自宅の準備にかかる費用の項目は、

  • 引っ越し費用(引っ越し業者)
  • 新居の契約(家賃+敷金+礼金)
  • 不動産仲介料

この辺りがまず、多くの場合、かかってきます。

引っ越し費用は友人や知人にお願いする事で、不動産仲介料は知り合い経由で探すなどすれば節約は可能ですので、できる限り人伝いに協力してもらえるか確認してみると良いでしょう。

同棲を始めることにおいて、最も高く費用がつきやすいのが家賃の部分です。

地域性の違いにより、敷金が家賃の1ヶ月分あるいは2ヶ月分なのか、礼金の有無について異なってきます。

例えば都心の賃貸で敷金が家賃の2ヶ月分、加えて礼金がある場合には、賃貸を借り始めるだけで10万以上は軽くかかる可能性がある事を把握しておかなければなりません。

スポンサードリンク

生活の開始と費用

同棲をする自宅の準備が整った次は、生活にかかる費用をみていきましょう。

生活に欠かせない部分には費用が必ずかかってきますので、一般的な項目をチェックしていきます。

  • 水道代
  • ガス代
  • 電気代
  • 家賃
  • 食費
  • 灯油等
  • 通信費(携帯、家電、ネット、新聞等)

これらが一般的にかかる「生活費」となります。

一人暮らしの場合、これらを一人で負担をしていかなければなりませんが、同棲であれば話し合い次第で、折半となるケースも少なくないでしょう。

生活費が折半になるだけで当然、経済的な負担はとても軽減されます。

まだ結婚の目処が立っていないのであれば、項目別に支払い担当を決めたり、全額を折半にしたりする等、揉めないためにもルールを決めておく事をおすすめします。

暮らしに必要な家具、家電の準備

住居の準備、毎月の生活費の事を考えるのはもちろん必要ですが、不自由のない暮らしをしていくには「家具・家電」の準備は欠かせません。

こちらに関しては、別記事で紹介していますので、同棲を快適に過ごしていくためにも、参考にしてもらえたらと思います。

参考記事:【新生活】一人暮らしで前もって知るべき注意点は?家具、家電の確認

家具が無ければ生活感が薄れ、家電が無ければ暮らしに不便を生じます。

一から全て準備するとなると高い費用がかかってくるものですが、末長くお付き合いするお相手であれば、将来のことも考えて準備されるのが良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

いかがでしたか?

好きな相手とこれから暮らすと決めている時、愛情や好きな気持ちだけでは、残念ながら上手く行くとは限りません。

同棲を始める準備、暮らしに必要な準備、生活費など、現実的にお金が必要になっていきます。

実家暮らしとは違い、二人で協力しあって生活を始めていくのがとても大切となるでしょう。

将来的に結婚するような、未来を見据えて同棲をするのであれば尚更、同棲の段階からきっちり決め事を作っておくことも大切です。

これから同棲を始める予定がある方は参考にして頂ければと思います。


 - 新生活