みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

引っ越し先、お隣さんへの粗品は何を?失礼のない物を選ぼう!

   

引っ越しの時、荷物を運び、移動が済んだら一息つきたいところでしょうが、まだしておきたい事があります。

それは、お隣さんへの挨拶です。

マンションであれば両隣、中には上下にあたるお家に挨拶をされる方もいます。

この挨拶にて悩まれる事が多いのが、何の「粗品」を用意するのが良いのだろうという事です。

特に、新しく一人暮らしを始めるといった方が、この挨拶について分からない事が多いと思います。

引っ越し先での挨拶は、「よろしくお願いします」といった気持ちを込めて行われるものでもあるのです。

では、引っ越し先でお隣さんに渡す粗品に関する知識を紹介していきます!

スポンサードリンク

粗品は何を?一般的に選ばれるもの

引っ越し先の両隣や上下の隣人に対して、どのような粗品を用意すれば良いのか、選ぶのは案外難しい事です。

何度も引っ越しを繰り返している人であれば簡単かもしれませんが、初めて粗品を用意するという人にとって、多少なりとも不安はありますよね。

金額的な相場は1家庭につき500円から1,000円程度と考えて良いでしょう

金額を踏まえた上でおすすめの商品はこちらです。

  • 洗剤や台所用の洗剤(詰め合わせ)
  • ハンドソープ
  • 石鹸
  • スポンジ
  • 高めのティッシュ(鼻セレブ等)
  • サランラップ
  • タオル

このようなものが定番の粗品としてあげられます。

中でも無難なのが、タオルティッシュあたりでしょうか。

洗剤や石鹸等については、各家庭によって「こだわり」がある事も少なからずありますので、心配な方は避けると良いと思います。

定番なのに対して、やや人によって嫌がられる可能性があるものはこちらです。

  • 入浴剤
  • コーヒー、お茶、紅茶等の詰め合わせ
  • ゴミ袋
  • お子様向けのお菓子の詰め合わせ

これらはまさに好みが分かれたり、お子様のいない家庭であったりすると、あまり喜ばれず捨てられてしまう可能性があります

せっかくあげるのであれば少しでも喜んでもらいたい場合、定番の商品の中から選ぶ方が良いでしょう。

このようなセットのように、ちょっと豪華に見える詰め合わせにすると、失礼のないような形になりますね。

スポンサードリンク

粗品を渡す意味や相場

引っ越し先で粗品を配る時、商品の価格に気をつけたいものです。

高い事に越した事はないだろう」と思われる人もいると思います。

しかしどうでしょう。

仮にお引っ越ししてきた人に1万円近くする粗品を頂いたとすると、「何かお返ししなければならないのでは?」と考えてしまうかもしれません。

粗品は、お渡しした隣人に負担にならぬよう、適度な価格で用意するのがおすすめでしょう。

先に説明ように、タオルや洗剤などの場合、1,000円あれば足りる事が多いです。
安いものでは500円程度で用意できるものもあります。

生活必需品のように、誰しも必ず消耗するような品を1,000円程度で買い集めれば十分ですね。

ギフトのように、寄せ集めの形で販売されているものもありますので、スーパーやデパート等で探してみましょう。

また、粗品は必ず渡す必要がある?と考える事があると思います。

極論をいえば、粗品は渡さなくても生活していく事は可能です。

しかし、その家に長く済まれる場合、隣人とは長い付き合いになります。

迷惑をかける事もありますし、顔を全く合わせない関係ではありません。

粗品を渡すのはマナー的な意味合いもありますし、今後のご近所付き合いを円滑にするために、用意しておきたいものです。

引っ越し先ではよろしくお願いする意味で、住居を離れるとこではお世話になったという意味で渡すのが良いでしょう。

また、引っ越しの挨拶で用意する粗品には「のし」をつけるのですが、「御挨拶」と表書きに書き、名前を入れておくと覚えてもらいやすいです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

聞けば当たり前の事と思う方が多いかもしれませんが、引っ越しをした事がない人は、案外、挨拶をせずに済ましてしまう事もあると思います。

また、どんな粗品を用意すればわからないという方も少なからずいると思いますので、円滑なご近所付き合いをするためにも、正しいマナーで用意されてみてはいかがでしょうか。


 - 引っ越し