みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

ホワイトデーのお返しは手作りで!初心者でも簡単に作る事は出来る?

   

1

バレンタインデーにチョコレートをもらったなら、しっかりお返しは渡したいところですね。

義理チョコをもらったなら簡単なお返しでも良いでしょうが、彼女や奥さん、あるいは本命の相手からもらったなら、しっかりとしたお返しはしたいものです。

しかし、お菓子づくりの経験や知識がない初心者にとって、手作りはなかなかハードルが高いですよね?

凝りに凝った物を渡さなければならないという訳ではなく、作ってくれた事が嬉しいという事もよく聞くと思います。

手作りでお返しと聞くとハードルが高く感じるかも知れませんが、全てが難しいものではありません。

初心者でも簡単に作れるものがありますので、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

定番のクッキー_作り方や材料は?

ホワイトデーのお返しの定番といえば「クッキー」ではないでしょうか?

初心者からすると一見して難しそうな印象を受けるかもしれませんが、プレーンのものであれば意外にも単純なものです。

まずは基本的な材料から見ていきましょう。

  • 小麦粉*薄力粉〜95g
  • 砂糖〜30g
  • バター〜50g
  • 卵〜1ケの半分くらい
  • バニラエッセンス〜少々

これらがクッキーを作るのに、基本的に必要となる材料です。

どれもスーパーに売っていますし、もしかしたら自宅にあるものも多いと思います。

材料さえ揃えば作るのはそれほど難しいものではありませんので、次は作り方を見ていきましょう。

作り方

お菓子作りの経験が無い、不得意な人でも、準備がしっかり行えていれば、簡単に作る事が出来ます!

まず、材料の「バター」は、冷蔵庫で冷えた状態では良くないので、冷蔵庫から出し、常温に戻しておくのが良いです。

次に「ふるい」を使って、砂糖と小麦粉を2回程度振るっておきましょう

最初の準備が出来れば、水気のついていないボールを用意しておきます。
また、材料もしっかり計っておくとスムーズです。

ボールにはバターを入れて、泡立て器を使って潰し、混ぜていきます。

そこに、バニラエッセンスを少々入れ、振るっておいた砂糖を数回に分けて入れます。

混ぜていくうちに白っぽい色に変化していきますので、色が変わってきたら、溶き卵も数回に分けて入れて、しっかり混ぜましょう。

しっかり混ぜ終わったら、ボールのまま冷蔵庫で2分ほど置いておきます。

冷蔵庫からボールを出したら、小麦粉を数回に分けて入れて、ゴムベラで優しく混ぜましょう。多少粉っぽさがある程度で大丈夫です。

その後、混ぜ合わせた記事をサランラップに全てくるみ、冷蔵庫に1時間ほど置いておきます。

次にようやく、生地を焼いていく工程に入っていきます。

オーブンは予熱で180度に設定しておきましょう。

生地を冷蔵庫から取り出したら、軽く小麦粉を振りかけ(打ち粉)、綿棒で厚さ3mm程度に伸ばしていきます。
(まな板など、平らな場所でやりましょう)

あとは好きな形に型抜きをします。

100均にクッキー用の型抜きはたくさん売っていますので、星型やハート形など、お好みで用意しておくと良いです

最後に型抜きしたクッキーを予熱の効いてるオーブンで15分ほど焼いて完成です。

スポンサードリンク

レシピだけではイメージが湧かない・・・

料理をあまりされない方は、レシピを見たり、文章で作り方を見たりしても、実際に作れないという事もあると思います。

調理器具はどういうものか、そのほか手順についても、動画で見た方がわかりやすいという事もありますよね。

なので、いくつかクッキー作りの動画を集めてみましたので、チェックしてみてください。

こちらの動画が、私が見る限りでは分かりやすく、とても初心者向けに説明、解説されているように思えました。

全くお菓子を作った事がないという人でも、ある程度は、形になるクッキーを作れると思いますよ!

また、少しおしゃれと言いますか、凝ったデザインにしたいという事であれば、以下の動画も良いかと思いました。

このように動画で見れば、クッキーがどういう風に作られていくのかがとてもイメージしやすいですし、アレンジも加えやすいと思います。

ホワイトデーのお返しのために、作り方をしっかりチェックしておくと良いですね。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

ホワイトデーにお返しを手作りで用意したい時、やはり定番といえばクッキーですよね。

義理チョコに対して手作りを返すのはちょっと重たいかもしれませんが、こういうのは彼女や奥さんに対して、感謝の気持ちも込めてしてみるのが良いと思います。

シンプルな手作りクッキーにはなりますが、必死に作って渡せば、きっと喜んでもらえると思いますよ。


 - ホワイトデー