みんなのハテナを解決!生活の説明書

分からない事はイマ知っちゃおう!

*

【母の日】カーネーション以外にしたい時の花の選び方は?

   

1

皆さんは、母の日にあげるプレゼントには何が思いつきますか?

やはり「カーネーション」が真っ先に思いつくのではないでしょうか。

しかし毎年同じ花をあげていると、そろそろマンネリ化しているのでは?と感じるはずです。

かといって他に良い花が思いつかない方も多いと思います。

お花と言っても、色や見た目、花言葉もそれぞれ違うため、知識がないと迷ってしまいますよね。

そこで、母の日にあげるお花で、カーネーション以外の選び方について、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

既製品から綺麗なものを選ぶ

2

お花に詳しい人は、自分で別々の種類を組み合わせて、セットにされる方がいますが、初心者には少々難しいです。

どんな組み合わせでも、お母さんにとっては祝ってもらえるだけで嬉しいでしょうが、どうせならしっかりした形で渡したいですよね。

そこで、花の知識がない方は、お花屋さんで「既製品」から選ばれるのがおすすめです。

お店にもよりますが、バラバラで販売されているものの他、いろんな花だ組み合わされ、「花束」になっている商品もあります。

それであれば、ご自身の目で完成品を眺めつつ選べますし、プロが仕込んだ花束なので、組み合わせ的な失敗はまずありません

花束のサイズにもよりますが、料金は1,000円から3,000円くらいで買えます。

料金が高ければ高いほどサイズが大きくなり、奮発して5,000円くらいにすると、両手で抱えるくらいの大きさになります。

母の日のプレゼントなら、2,000円くらいで、片手で支えられるくらいのボリュームが良いでしょう。

花屋でイメージを伝えて見繕ってもらう

お花の組み合わせの知識がなくとも、大体のイメージはあるのではないでしょうか?

全体的に豪華に
落ち着いた色で、アクセントも加える
ピンクをベースに可愛らしい感じで

などなど、どういう雰囲気のお花をあげたいのか、多少は想像できると思います。

イメージがあっても、どれくらいの分量で、何の花を買えば良いのかわからなければ、初心者にとって難しいかもしれません。

お花屋の店員にイメージと予算を伝えれば、理想の形で作ってくれます。

そこでのポイントとしては、

  • 使って欲しい花があれば伝える
  • 大体の予算を伝える
  • 完成形のイメージは具体的に
  • 全体の色、ボリュームを伝える

この辺りは、店員に伝える事としておさえておきたいですね。

また、母の日にプレゼントするものなので、ラッピングもしっかりしてもらいたいですね。

花束を作ってもらう場合、ボリュームにもよりますが10分から20分くらいかかってしまう場合があります。

多少時間的な余裕は持っておきたいですし、スムーズに受け取りたいなら予約しておくのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

花言葉から選んでみよう

お花にはそれぞれ「花言葉」があり、意味が隠されています。

一口に花言葉といっても、大きく分けると、

  • 恋愛
  • 友情や愛情
  • 祝福
  • 人間関係
  • 幸福や希望
  • ネガティブ

これらのようなジャンルで分ける事が出来ます。

母の日のプレゼントという事になると、「祝福」や「幸福や希望」などのジャンルが適切かと思います。

ちなみに、母の日の定番であるカーネーションには「純粋な愛情」という意味があります。

ただ花言葉は色によっても異なり、赤だと「母への愛」になり、ピンクだと「感謝や上品」などの意味になります。

こういった花言葉を軸にして、お母さんへのプレゼントを選ぶのは素敵かと思います。

花言葉を考慮して、母の日にオススメなお花は以下が良いのではないでしょうか。

【アジサイ】
花言葉は「元気な女性」で、赤やピンクなど、可愛らしい色をしています。
ただ、アジサイは咲き始めから色が変わっていきやすく、「浮気・移り気」などの意味もありますので、少し注意が必要かもしれません。
【バラ】
花言葉は、赤のバラだと「情熱」で、ピンクは「上品・輝かしい」といった意味です。
また、オレンジ色は「絆・信頼」となっているように、色によって様々な花言葉に変化するのが面白いですね。
母の日なら、赤やピンクが無難かもしれません。
また、バラは形でも意味が変わり、多弁だと「誇り」で、一重だと「静かな愛」です。
さらに、トゲのないバラは「誠意」といった意味があるなど、変化があります。
【シャクヤク】
花言葉は「恥じらい・威厳・清浄」などですが、シャクヤクは美人の代名詞としても知られるお花です。
有名な言葉では「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」というのがあって、女性の美しさを表しています。
お母さんに綺麗だよという気持ちを伝えたいならシャクヤクもオススメです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

母の日に、カーネーション以外のお花を選ぶのは、初心者にとって難しい事です。

何にすれば良いかわからない場合は、お花屋さんに頼むのも良いですし、花言葉によって選んでみるのも素敵かと思います。

いずれにしても、プレゼントするという気持ちが、お母さんにとって嬉しい事ですね。

それでも、せっかくなら喜んでもらいたいという方はお花屋さんに頼むか、花言葉で選んでみてはいかがでしょうか?


 - 母の日